title image お問い合わせ ワーキングホリデー ショップ 海開き 牡蠣小屋 このサイトについて


桂島版「ふるさとワーキングホリデー」募集!

海の近くで住みたい!
田舎で暮らしたい。
島の生活に憧れる!
移住してもたまには街(仙台)にも行きたい。

少しでも興味を持たれた人に美味しい桂島を味わってみよう!
春は白魚にフグ、そしてアナゴ、アサリ、アイナメ、ヒラメにスズキ、もちろん生牡蠣に海苔だ。

なんと言っても
島くらしの醍醐味は ゆっくり、ゆっくり流れる島時間を堪能すること。
周辺の大藻根島、小藻根島、仁王島などの島々、遥か遠くには奥羽山脈が望める風光明媚な景観を楽しむことができる。

とどめは島生活だ!ここで桂島の魅力を存分に味わってほしい!
桂島の主産業である海苔養殖の手伝い、牡蠣養殖の手伝いをしながら島んちの暖かい人柄に触れる!
そして、釣り、刺し網の体験。自分で自分のエサを捕るって本当に生きている実感がわく。
絶対、見て欲しいのが小船から見る日の出だ!それは、それは素晴らしい、心が洗われる。これは感動だ!

そうです!離島の素晴らしさをそのまま体で感じて頂き、心で感じて頂くことです。
それが桂島版「ふるさとワーキングホリデー」です。

桂島版「ふるさとワーキングホリデー」とは都市部の若者に目的は何であれ、離島暮らしを体験して頂く制度です。移住・定住を考えず、気楽に楽しんで頂くことです。牡蠣などの養殖業を手伝いながら、島の皆さんとの交流などを通じて島の暮らしを学べるようにする制度です。勿論、滞在費用は一切掛かりませんが労働に対する賃金もお支払いしません。

桂島には夢がある。未来に輝く夢が・・・希望に輝く夢が・・・大きくばたく夢が君を、あなたを待っている
そして「浦戸桂島に また陽が昇る!」
この夢の続きを親爺と桂島の空に一緒に描こうではないか!

平成30年7月1日

浦戸夢の愛ランド  三 浦 勝 治

 

(C) 2013 浦戸夢の愛ランド.com.